正しく選ぶ必要がある一人暮らしをするための不動産会社の探し方とは

階段

シェアハウス

私は以前シェアハウスのような不動産に住んでいたことがありますが、あの時のことは今でも鮮明に覚えていますし、忘れることもありません。
最初は仲がいい5人でシェアハウスを始めたのですが、最初は本当に楽しかったのです。
いつも家に誰かいるのでゲームをしたり何かほかのことをしたり、出かけたりとここでしか味わえないことをやりつくした感があります。
それが今の私という人間を支えているといっても過言ではありませんし、シェアハウスに住んでよかったなあと思っています。
そしてやはりシェアハウスですと物事を分担してやらないといけないのでそこには本当にやりがいを感じていました。
特にご飯を作るときの担当になったときにはみんなに美味しいといってもらえるようなご飯を作るため私は料理の練習を隠れて外でしていたくらいです。
そのおかげで今では料理がかなりうまくなったと感じていますし、あのころの経験がなかったら料理などしなかったドルなあと思います。
今までのことを振り返ってみるとシェアハウスという形態が今巷では流行っていますが時代を先取りしていたのだなあということを感じています。
あの時に得たことは私の一生の財産となって今でも生きています。

おすすめ記事

  • 家を建てる時のお金の問題

    現在、一戸建て住宅を建築するために、建築会社さんと打ち合わせを重ねています。マンションにするか、建売にするか。中古住宅にするか、といろいろ悩みましたが、予算内で気に入った家が建てられそうだったので、注文住宅にしました。しかし、実際に注文住宅にしてみると、おもったよりもいろんなお金がかかり、頭が痛いです。住宅の本体価格は建築会社に提示された金額のままなのですが、洗面台をちょっといいランクにしたり、壁に棚を造作したり、照明をちょっとおしゃれにしたり、など変更を加えたら、…

    »詳しく見る